• ホーム
  • 性病治療薬は個人輸入で手に入る

性病治療薬は個人輸入で手に入る

2019年05月13日

クラミジアなど性病の治療薬というのは、通常なら医師の処方を受けて服用するのが一般的です。
しかし、クラミジアに限らず性病患者の中には、病院に行って治療を受けることに抵抗を感じる方もおられます。
それは恥ずかしいと感じるのが大きな理由ですが、できるだけこっそり治したいという思いが働き、病院では治療したくないと思うのです。
ではこういう場合にはどうしたらいいのでしょうか。

もしどうしてもクラミジアを病院で治療したくないという場合は、個人輸入で海外から治療薬を買って、それを飲んで治すという方法を選択することができます。
個人輸入というのは、文字通り個人的判断と責任で海外から治療薬を輸入して買うということです。
通常は輸入代行業者を通じて購入しますが、全てを個人の手続きで輸入することもできます。
この個人輸入による治療薬の購入は法律でも認められているものですが、メリットとデメリットがあります。
メリットは、病院に行かずに治療ができるようになることです。
こっそりと性病の治療ができることなどがあります。

一方デメリットには、服用によって何か起こっても、それは自己責任になるということです。
また、医学の専門家ではないため、輸入の際にたくさんの情報を集めたり知識を習得する必要があります。
そうしたことにかかる時間と労力はデメリットになるでしょう。

実際に輸入するにあたっては、品質をよく確かめて買うこと、また副作用についてもあらかじめ勉強しておくことです。
性病薬において副作用が発生する可能性はありますが、もし自分に副作用が起こっても、自己責任で個人輸入して服用した薬の場合は、発生した副作用も全て自己責任となります。
この点に留意しておいてください。

関連記事
治療期間が一番長い性病は?

クラミジアは菌の感染によって起こるものです。この菌はクラミジアトラコマチスです。クラミジアは性病の中でも最も感染率の高いものなのです。この菌は、膣や子宮に感染をして住み着きます。男性の場合は尿道です。それから、喉にも住み着きます。性行為で感染をするものです。喉にはオーラルセックスを行うことによって感

2019年06月25日
性クラミジア感染症のSTD検査は信頼性の高い所で

世界中で多くの患者がいる性感染症が、性クラミジア感染症です。日本でも、感染して困っている人が男女共に多い病気です。ここ数年で10代の若い患者も増え、大きな社会問題となっています。感染の拡大を防ぐには、若い人に性感染症について詳しく知ってもらうことが大事なのですが、その機会がないまま性交渉を行う若者が

2019年07月15日
クラミジアの治療期間

みなさんは『クラミジア』という病気を知っていますか。実はこの『クラミジア』は性感染症の一つで、セックスによって人から人へと移っていきます。そして、この『クラミジア』の怖いところは、万が一かかったとしても、男女共に自覚症状が出にくく、何年も治療をせずに放置してしまうことがある点です。当然、自覚症状がな

2019年05月28日