• ホーム
  • 目にいる細菌クラミジアは性病の感染が大半

目にいる細菌クラミジアは性病の感染が大半

2019年09月03日
薬を飲む男性

クラミジアはクラジミアトラコマチスという菌が原因ですが、以前は目によくすみついていた菌でした。
しかし最近では、水道水が普及し、毎日お風呂に入り、体や顔をあらい清潔になるため、目に表れることはめったになくなりました。
そのかわり女性では子宮けい部、男性では尿道だはいまだにすみついており、クラミジアに感染した手で目の周りをかいたりさわったりすると、赤く腫れたりすることはたまにあります。
しかしクラミジアの感染の原因と拡大ルートは、性病の感染です。
特に10~20代に多い性病で、これは過激なセックス(オーラルセックス、アナルセックス)、危険な性行為(フェラチオ、クンニリングス、ディープキス)が原因です。

成人向けビデオには興味本位でこれらの行為が刺激的に描かれ、好奇心旺盛の若い世代は、性病のリスクを知らずにまねしてみようと触発されてしまいます。
たとえば女性が男性の性器をフェラチオしすると、クラミジアはノドに感染することになります。
すると風邪のような症状や、鼻炎、せきなどがおこりますが全く病気が治らないことになります。
クラミジアは初期ではほとんど自覚症状がありません。
そのため不特定多数の男女が、興味本位で性交渉をすることによってその感染ルートは再現なく広がることになります。
1度のセックスで50%の確率で感染するといわれるだけに、大変恐ろしい性病でもあるのです。

さらにきちんと治療をしておかないと、最終的には重篤な病気につながることにもなるのです。
たとえば女性だったら子供が欲しいと思っても子宮外妊娠を繰り返したり、不妊症になってしまうこともあります。
なので自分がクラミジアに感染することが分かったら、完治するまで治療を続けるべきです。

関連記事
治療期間が一番長い性病は?

クラミジアは菌の感染によって起こるものです。この菌はクラミジアトラコマチスです。クラミジアは性病の中でも最も感染率の高いものなのです。この菌は、膣や子宮に感染をして住み着きます。男性の場合は尿道です。それから、喉にも住み着きます。性行為で感染をするものです。喉にはオーラルセックスを行うことによって感

2019年06月25日
性クラミジア感染症のSTD検査は信頼性の高い所で

世界中で多くの患者がいる性感染症が、性クラミジア感染症です。日本でも、感染して困っている人が男女共に多い病気です。ここ数年で10代の若い患者も増え、大きな社会問題となっています。感染の拡大を防ぐには、若い人に性感染症について詳しく知ってもらうことが大事なのですが、その機会がないまま性交渉を行う若者が

2019年07月15日
クラミジアによる赤い斑点と温泉での感染のおそれ

クラミジアの感染が進行すると顔や手足の中心部分に赤い斑点が出ることがあるのですが、これはクラミジアやその他の性感染症の特徴的な症状なので、赤い斑点が顔などに出ている場合にはすぐに性病科などを受診して検査を受けなければなりません。クラミジアの症状は比較的軽いものが多いのですが、粘膜に感染して免疫力を低

2019年08月09日